花大国オランダへ

こんばんは。
25ansエレブロガーの岩沢たえです。

今日は16日間のオランダ出張から帰国しました。
直行便で大体11、12時間くらいです。
フライト時間が長くてさすがに少し疲れましたが、とても実り多い旅でした。

テーマ投稿の「この夏、充実させます」宣言
忘れない内に少しまとめてみたいと思います。

今回の旅のテーマは花
オランダは花大国だけあって、空港を出たところからお花屋さんがありました。
カフェや路地のお花も色使いが美しい。

白いお花とグリーンを使った寄せ植えのシックなカフェ。

アムステルダム市立美術館前の寄せ植え。
赤、青紫、黄色と単色使いが素敵でした。

世界屈指のコンサートホール コンセントヘボウ。
豪華で美しい生け花。

空港でお花を片手に待つ男性や、お花を片手に自転車に乗る男性。
街中でもお花を持った素敵な男女を沢山目にしました。
何気ない日常にお花が溢れています。

今の季節、オランダの夜は長い。
夜の10時過ぎまでこの明るさです。

金曜日は美術館が22時まで開いているので、夜のファン・ゴッホ美術館に行ってきました。
美術館も夜バージョンでクラブ風のバーカウンターとDJが登場します。
昼の顔とはまた違って素敵です。


因みにこの盛り盛りのクリームコーヒーはイタリアンコーヒー(とメニューに書いてあったけどアイリッシュコーヒー⁈)で、中にウイスキーが入っています。

可愛い見た目に騙されちゃいけませんね。
歴とした寒い国特有のお酒です。


今のオランダの気候は難しい。
半袖を着ている人もいれば、薄手のダウンジャケットを着ている人もいます。
お天気も変わり易くて、一日中雨ではないけど毎日雨が降ったり晴れたり。虹もよく見えます。
スカイブルーではないけれど、この微妙な美しい空気は結構好きです。

王宮やダム広場、マダムタッソーろう人形館、アムステルダム国立美術館、シンゲルの花市場など名所巡りをしました。

この後RODEN(ローデン)に移り、今回の旅の目的 Jan先生の花研修へ。
アムステルダムから北へIntercityで約2時間。

旅はまだまだ続きます。

関連記事

  1. 世界最高峰のフラワーアレンジメントのレッスンへ

  2. 憧れの花の建築家ダニエル・オスト

  3. 花の取引量世界一の生花市場へ

  4. オランダの花事情

  5. オランダ流ホームパーティー 

  6. ベルギーの首都ブリュッセル