ルドン 秘密の花園

こんにちは。
ハナマルシェの岩沢です。

先日、ご招待いただき『ルドン―秘密の花園展』を観てきました。

オディロン・ルドン(Odilon Redon 1840年-1916年)は、19世紀後期から20世紀初期にかけて活動したフランス人画家です。幻想的な絵でも有名なルドンですが、本展は植物に焦点をあてた今までにない展覧会でした。

ドムシー男爵の城館の食堂を飾った壁画16点が一堂に会しました。

三菱一号館美術館が所蔵する≪グラン・ブーケ(大きな花束)≫は本当に大きな絵画でした。
なんて美しい色彩でしょう。

最近、私がブルーとイエローの組合せのコーディネイトが多かったのは、ルドン展を観に行った影響を無意識の内に受けていたのかも知れません。

今気付きました!

夢の中へ 花の中へ あなたもルドンの世界へ誘われてください。
5月20日まで三菱一号館美術館で開催中です。

アルチンボルドの四季より≪春≫が観られるルーヴル美術館展は5月30日からです。
『ルーヴル美術館展』の詳しい内容は25ansブログ 岩沢妙重のヘルシーライフTokyoでご覧いただけます♡

Hana Marche インスタグラム更新中! @tae_iwasawa

関連記事

  1. 世界最高峰のフラワーアレンジメントのレッスンへ

  2. ブリューゲル展 画家一族150年の系譜

  3. イルサンジェー様 季節のお花の活け込み例

  4. ミディ胡蝶蘭の椎名洋ラン園様へ見学に行って来ました!

  5. 迎春

  6. いけばなの根源「池坊展」にご来場いただきありがとうございました!