世界最高峰のフラワーアレンジメントのレッスンへ

こんばんは。
25ansエレブロガーの岩沢たえです。

前回に引き続き、テーマ投稿「この夏、充実させます」宣言
オランダ出張の最大の目的、世界最高峰のフラワーアレンジメントのレッスンへ。

今回は私が日本で習っているMISUMIフラワースタジオのオランダ花留学プログラムに参加しました。
三角陽子先生は日本にまだフラワーアレンジメントの概念がない頃に日本に広めた草分け的存在。

今は亡きインターフローラワールドチャンピオンでありフラワーアレンジメント界の巨匠、ウィム・ハゼラー(Wim Hazelaar)氏に師事されていました。

今回はそのウィム・ハゼラー氏公認のヤン・ファン・デ・ハイデン(Jan van der Heijden)先生による指導を受けてきました。
Jan先生自身もオランダの大会で何回も優勝や準優勝をされている素晴らしい方です。
世界中のセレブリティのパーティーや、美術館、宮殿に花の装飾を施しています。

Jan先生の住むRODENというオランダ北部の町にやって来ました。

講習の前半はデモンストレーションを見たり、習ったことを踏まえてリースやダッチスタイルのアレンジメントを製作しました。

後半は森に行って、日本では作ることの出来ない大きな大きなアレンジメントを2日掛かりで作りました。
1日目はアレンジメントで使うコンストラクチャーを製作し、
2日目は前日に製作したコンストラクチャーを使って一人一台大きなアレンジメントの作品を完成させました。

森はJan先生のご友人が所有されている土地で、その方の牧場も見学させていただきました。
オランダの牛は大きい〜!!
この日に生まれたばかりの子牛にも会えました。

アレンジメントはRODENにあるMENSINGE(アンティークミュージアム)で製作しました。
Jan先生が朝、市場で仕入れてくださった瑞々しい沢山の花を使い、一作品250本以上の花を生けていきます。

こちらが私が作った大きなダッチスタイルの3作品。

沢山お部屋があるのですが、私はキッチンを担当しました。
キッチンと言っても昔富豪が住んでいたお屋敷なのでとても広く、もちろんダイニングは別にあります。

仕上がりはこちらです。
Jan先生に大分直していただきましたが、我ながら素敵な作品が出来ました。(笑)

こちらの様子はオランダのラジオ局とテレビ局が撮影に来ました。
そして翌日放送されました。

まだまだ書きたいことはありますが、今回はこの辺で。

関連記事

  1. オランダ流ホームパーティー 

  2. 憧れの花の建築家ダニエル・オスト

  3. オランダの花事情

  4. 花の取引量世界一の生花市場へ

  5. 花大国オランダへ

  6. ベルギーの首都ブリュッセル